読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Focus notes

人材サービス+監査+リスクマネジメントで、本当に大切にすべきことが分かりました!

自分を向上させるための唯一の方法ってこれじゃない?

世の中に溢れかえる自己啓発書

成功のためには、こうじゃなきゃいけない!!なんて文言が踊りまくっているけれど、

どれもいまいちしっくりこなかった。

 

よくあるのがこれ↓

まずは、目的を明確にしよう!自分の価値観を探ろう!

 

これ、確かに効果がある人もいるんだと思う・・・。

でも、とても万人に効く処方箋ではない。なぜなら、私にはまったく効果がなかったからだ(笑)

 

そもそもの話を書いてもよかですか?

成功のぼんやりとした輪郭すらつかめていない私のような凡人にとって、いきなり高い視座を持って、10年後の自分のありたい姿を描くなんて、全力投入しないとできない作業なんだ。それをやらないと成功しないとか、ハードル高すぎる。

昔よくやったのが、10年後、5年後、3年後を横軸に、仕事面、健康面、教養面、経済面、家族との関係、地域との関係、それぞれごとに、目標を設定するって作業。

これで成功した!!って人が周りに一人もいないんですが、類は友を呼ぶからですか?

まず一歩も踏み出してない人に、いきなり10年後を描かせるのって、無茶じゃないかな?内部監査室に配属されてきたばかりの新人に、

「はい。10年後の内部監査人のあるべき姿を書いて。」って指示出しても、

まともなアウトプット出るとは思えません

 

でも、これ無難なんだよなー。どんな本にも書いてあるし、間違ってるとかいいにくいもんなー。で、よく出てくるんじゃないかと思う。

 

じゃあ、本当は何をやるべなんだろうと考えた結果、やっぱり、自分が今やってる役割のどれかを深堀りしてみることと、なんだかあこがれるスキルを身につけてみることなんじゃなかろうか?この2つを毎日やり続けることが、唯一の自己向上の方法ではないだろうか?

 

例えば、コーポレートガバナンスコード対応について担当しろ!と言われたら、一生懸命調べたり、考えたりする。この作業中に

「あーイギリスのガバナンスコード英文で読めたらなー。かっこいいし、よくわかるのになー。」と思ったら、英語のスキルを身に着ければいいし、

「役員向けの説明資料をもっとかっこよくつくれればなー。」と思ったら、資料作成のスキルを身に着けたらいいし。

何に憧れをいだくのかって、それこそ価値観の発露だし、紙の上だけで考えるものより、ずっと効果的に思える・・・。

 

あとは、身についたなーって思えるまで、やり続けるだけだね。

これが唯一の方法だと思う。(まだ私成功してないですけど)