読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Focus notes

人材サービス+監査+リスクマネジメントで、本当に大切にすべきことが分かりました!

子会社副社長のポジションでサラリーマン人生を終える先輩の3つの教え

今、香港に出張中です。

この4月に退職される現地法人の副社長さんとじっくりと話をしたなかで、

サラリーマンとして41年間働いてきて、今、振り返って思うことをいろいろと

伺うことができました。

 

すごく仕事ができる方というわけではありませんでしたし、上下問わず、よくケンカをされる方で、また頑固な方でもありました。

正直、社内には、「あいつのことは嫌いだ。」「仕事できねぇくせに偉そうに」という人も多くいました。

しかし私は、

① 役員クラスで唯一、現地スタッフと日本のスタッフを対等に扱う

② 基本的には上機嫌

③ 喧嘩しても後腐れはない

ことから、親しくしてきた方でした。

 

この愛すべき先輩とBarで飲みながら話していて、成功するための教えでも、金持ちになるための教えでもなく、幸せな時間を過ごすためのポイントを3つ教えていただいたので、残しておきたいと思います。

 

 

 1)月5万円の副収入を持て

f:id:toshiyuki-ikeda-jp:20170408101404j:plain

とんでもない贅沢以外であれば、やってみたいことのほとんどが月5万円あれば実現できるもんだよ。例えば、海外旅行なら、5万円あれば、東南アジアなら十分いろいろなところを見て回れるよ。

おすすめは、何でもいいから副収入でその5万円を稼ぐということだね。そのために何をやるのか?自分で考えて、自分で試して、自分で実現する。そういうことが必要だったと今は思ってる。

 おそらく、ほとんどの方は、サラリーマン人生を歩まれていると思います。自分もずっとそうでした。そしておそらくは、もらっている給与の金額で、生活水準が決まっていらっしゃると思います。そうすると、今の生活で必要なもの、必要な余暇を確保すると考えた場合、その給与から5万円を捻出するのは消耗に近い感覚だと思います。

 なので、やってみたかった事に給与から、お金を回すのではなく、副業からお金を回すのだと決めることで、副業の継続に動機を加えて、副業をやることで、学ぶということを薦められたのだと思います。

 

 2)何事も投資。ポートフォリオを組んで、リスク回避すべし

f:id:toshiyuki-ikeda-jp:20170408102839j:plain

財務の仕事を長くやってきて、つくづく思うのは、あらゆることが投資なんだということに気づいてない人が多いってことなんだよね。

会社で働くっていうのは、時間を投資して、成長と給与をリターンとして受け取ってるってことなんだよ。自分の時間を投資しているし、投資効率を高めるために、一生懸命生産性をあげる努力をしなきゃいけない。

昇進したくて長時間働いている子もいるけど、給料アップが目的なら、投資信託とか、FXとか、株とかやればいい。1万円でも手堅いものからすぐにでも始めるべき。金は金に集めてもらえばいいんだよ。

なぜなら、時間という資産は、一番貴重な資産だからね。

ただで手に入ると思ってるかもしれないけど、どう使おうと確実に減っていく資産だってことをよく理解したほうがいい。

 端的にいうと、時間をどう使うか?ということを大切に考えるべきであり、お金を稼ぎたいのであれば、時間を使うのではなく、お金を使うべきであり、金融商品の勉強をしろということです。

 ”金融商品(投資)は怖い”とか、”FXはギャンブル”だとかいう、世間の声やイメージがありますが、やってみて勉強すれば、そんなことありません。

 まあ、ハイリスクハイリターン狙いのギャンブル的手法もありますが、それは手法がギャンブル的であって、本質がギャンブル的なのではありません。

 また、ここでは、お金の話だけではなく、女性との付き合い方や、仕事の仕方、旅行の仕方など、いろいろなことでの”分散投資”の仕方を教えていただいたのですが、それは別の機会に書きたいと思います。

 

3)一番の後悔は、大事なことに気づくのが遅かったってこと

f:id:toshiyuki-ikeda-jp:20170408110849j:plain

今、もうすぐ退職というこの時期に、後悔することは何もないかと聞かれたら、基本的には無いよ。でも、あえて挙げるとするならば、”もっと若いうちに大事なことに気づいていれば…”ということかな。

仕事で一番大事なことは、売上を作ることでも、利益を稼ぐためにコストカットすることでもなく、人を育てることであり、誰かに貢献することだったと思う。

育てるために勉強し、実行し、議論していたのに、十分にはできなかったと思う。

 愛すべき先輩は、今回僕らを育てようとして、このような話をしてくださったのだと思います。そして先輩は、人を育てようとしているのか、そうではないのか、セルフチェックする方法を教えてくださいました。

 暴力を使うやつは、育てる動機が自分のためだよ。

さるかに合戦でもそうだろ?カニは柿の木をはやく育てたいから、育たないとハサミでちょん切るぞといって、柿の木を早く育てたけど、自分が早く実を食べたかったからであり、柿の木のためじゃない。

暴力的な手法(怒鳴りつけることや、不機嫌になることも含む)は、自分のエゴが動機。

だから、「お前のためだ。」と言いながら、暴力的な指導をする人は、自分のためなら、人を踏みつぶしても平気な人だから、そうはならないようにしろよ。

 

 今回はすごく勉強になりました。なんかまじめな話ばっかりのっけてしまいましたが、本当は、世界各国の風俗事情だとか、不倫ではない女性との疑似恋愛の仕方だとか、60超えた人と話すような内容ではないようなこともいろいろ伺ったのですが、それもまたの機会にしたいと思います。

 

今回、このBlogを書き始めて初めての2000文字超えでした。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。