Focus notes

Feedbackを適切にすることが、凡人にできる最大の貢献である。

10年後の世界に夢を見る

こんばんは!

今日は、決算短信の発表もあり、朝からバタバタしてしまい、夕方の更新となってしまいました。

 

今日は10年後の世界について考えてみたいと思います。

 

まずは自分の現在地から

42歳会社員。副業で会社を起こしたものの飛ばす。かつ、共同事業なため、改革も困難。

事業負債が結構あり、解消しなければ行けない状況です。

ただ、ベースはあるので、飛ぶ準備はできているのだけが、救いです。

たぶん、人生で今が一番闇の中です。

正直、自業自得なんですよね。今の会社を起こしたのも、昔の仲間といっちょやったるか!!っておこしたんですが、彼は自分の生活費が、稼げればそこで歩みを止めてしまうタイプ。

ほんとはその時点で、自分も何かはじめなきゃいけなかったんですが、彼の才能とビジョンに惹かれて、「待ち」の姿勢になってしまった。これは本当に大反省です。

そんなこんなで、私の売りは、会社員として培ってきたコーポレート系の実務スキルのみです。

IPO準備の為の様々な内部管理体制の整備作業、監査体制の構築、JSOX対応、監査法人対応、コーポレートガバナンスコードへの対応、監査等委員会設置会社への移行、取締役会評価制度の構築と運用、取締役会の運営、ファシリテート、リスクマネジメント構築、戦略的コミュニケーションの指導、Points of youを使ったチームビルディングとビジョンメイキングなどなどです。

 

さて、ここからどうやって逆転しようかなーってところです。武器は結構豊富なんで、何とかなると思っています。

 

10年後の日本(予想)

確定してるのは、超高齢化社会になってしまっているということ。ですが、高齢でも稼ぐ人たちが、割といるようにも思います。

祭りコンサルとか、観光客向けの寺社仏閣ツアーとか、観光農園とか。

また、今の30代の方々は、ビジネスを楽しんでいる人達がおおく、その人たちが40代にさしかかるので、年商5億行かないけど、そこそこ売り上げてるような企業がごろごろ出てきているのではないでしょうか?

むしろ企業ではなく、少数精鋭チーム!位のサイズがメインかも知れません。

今の50代の先輩方が社会から去り、個人消費は悪くないと思います。

定年後のおじいちゃん達とお茶を飲むサービスとか、ちょっとした家事手伝いサービスがうけているようにも思います。

AKBでは無いですけど、老人ホームでの活動がメインのアイドルグループとか居るかも知れませんね。会いにいけるアイドルではなく、会いに来てくれるアイドルですね。

 

10年後の世界(予想)いや(希望)

戦争。無くなっててくんねーかな。

 

自分は何をしているか。

正直、自分の人生は、ここ半年が勝負だと思っています。人生初。入試とか楽勝なとこで終わらせましたし。新入社員時代は、頑張ってましたが、やらされてましたし。

それで10年後は全く違う。今の状況を変えれなければ、家も、家族も失うでしょう。

27で、結婚してからずっと家族には頑張って貢献してきたつもりですが、どうなるのかは、わかりません。あー怖い。

ただ、いま思うのは、自分が歩みを止めていたときは、他者貢献が足りなかった時期なんです。だから、ここ半年、出来るだけ多くの人のために貢献をし、その結果起きる結果は受け入れようと思っています。

上手くいったら、10年後は、今の僕みたいな奴に金も、口も出して、ひとりでも多くのスモールビジネスをやる人間を増やしたいと思っています。

 

僕たちの世代は、いわゆる「護送船団社会に最適化されたマネジメント」の影響を受けて、古きよきでも、スピードが遅く、合議制で意志決定が出来ず、なんか訳の分からないこだわりのあるマネジメントを受けた最後の世代です。

 

先輩方の文化の悪しき部分を、若い人達には伝えず、若者たちの文化の良いところを先輩方に伝えたいと思います。

え?先輩方の文化の良いところは?って?

だいじょうぶです。今の若者たちは、良いとこどりしてるので、良きも悪しきも取り込んでるorいいとこ取りしてますので。