Focus notes

Feedbackを適切にすることが、凡人にできる最大の貢献である。

先延ばし癖こそが、最大の悪癖

何故ウルトラマンは、最初にスペシウム光線を撃たないのでしょうか?そしたら、カラータイマーも点滅する事がないのにね。

 

みなさん、こんばんは。

 

本日は、僕が苦しい修行の末、発見した真実。「先延ばし癖こそが、最大の悪癖」について、お話したいと思います。

 

 

問題はいつも、先延ばしの先にある

人が生きていく上で、こりゃ地獄のようだな。と感じるものって、何があるでしょうか?

僕は、病、貧困、争い、だと思います。

そして、これらは、いずれも先延ばしが原因で悪化します。

僕は、これらのうち2つを乗り越え、今、もう一つの修行に取り組んでいます(笑)

 

まず、病。この最大の修羅場は、学生時代に訪れました。それは、親不知虫歯です。

当時、お金も時間もなく、痛むのを我慢して過ごしていたのですが、ある日、強烈な痛みと熱。まさにのたうち回って歯医者に行きました。

思っていたより安い費用(日本の保険制度最高!)そして、時間もたいしてかかりません。

なぜ、もっと早く医者に行かなかったのかと反省し、また、なぜ日々の予防をちゃんとしなかったのかと反省しました。

 

次に争い。この最大の修羅場は、4年ほど前になります。当時私は超パワハラ上司のもと、精神的に追い詰められていました。

クタクタになって疲れ果てて家に帰ると、キッチンのシンクには、朝からの全ての洗い物が放置。洗濯物は取り込んだまま。かみさんは育児疲れでソファーで爆睡。

終電で家に着き、そこから家事。就寝は4時近くなのに、翌朝は6時起床。

まさに、地獄のような日々を過ごしていました。

 

解決したのは、超パワハラ上司の退職と、かみさんとの大喧嘩です。正確には、大喧嘩後に正直に辛さを告白したことでした。

 

飲み込んでいた不満を、落ち着いてひとつひとつ説明すると、ひとつひとつ事情を返してくれ、本人も申しわけなさで苦しんでいた事をはじめて知りました。

 

なぜもっと早く、落ち着いた話し合いの場を持たなかったのかと、反省しました。

 

今、貧困克服修行中(笑)

今は先延ばし癖で生まれた貧困克服に取り組んでいます。

事業評価と改革を先延ばしし、パートナーとの真剣なコミュニケーション改善も先延ばしし、今、設立した会社は存亡の危機です。(自分的には、パートナーの担当事業は、いい感じかも知れません)

今、やらなければならないのは、客観的な事業評価と、戦略決定です。縮小均衡を目指すのか?清算するのか?清算するとなると、出資者にも迷惑がかかります。

パートナーも挽回に向けて頑張っていると思いますが、今後の戦略はゼロベースで見直すしかありません。

 

なぜ、俺、こう?

おそらくですが、子供の頃から計画無しで上手くきてしまったのが、原因だと思います。

今、思うのは、先延ばしは、①計画の甘さと、②見積もりの精度の低さ が原因で起こる事情だと思います。

 

特に①。制約条件であるお金と時間。これを適当にしか計画してないと、計画したけどやらない。とか、気分が乗らないからやらない。という事が発生します。

 

真剣に計画するためには、考え抜く必要があります。

こないだwebである記事を読みました。

某広告代理店の方が、提案するまで、100も200も考える。そして、1つに絞っていく。ということを、ずーっとされていたそうです。

これな。

考え抜く訓練しないとですね。

僕は、月に200時間働かなきゃいけない時には、働いて来ました。でも、これでは意味がありません。

なぜ?考え抜かないからです。

とりあえずやる。それだけです。

 

これからは、変身して登場した直後にスペシウム光線を打つような。そんな無双ぶっぱな自分になっていきたいと思います。

(ちゃんと計算した上でのぶっぱなので、正確にはぶっぱでは無いですけど)