Focus notes

Feedbackを適切にすることが、凡人にできる最大の貢献である。

中途採用者に対する初日の接し方

皆さん。人見知りですか?

僕は人見知りです!

 

今日、うちの部署に新人さん(中途採用アラサー男子)が入社して参りました~。

とはいえ、株主総会準備の真っ只中。

話しかけてあげる余裕もないまま、午前が終わり、部署全員(5名)でランチへ。

 

やっぱり初日って、独特の緊張感がありますよね。みんなわちゃわちゃ話しかけますが、緊張感は解けません。

 

僕は今日はちょい失敗したなーと反省しました。冷たかったですね。ちょいと。

 

実は僕、大学生の頃、新人アルバイト女子さんを紹介してもらった直後に、泣かせてしまった事があります。

 

どんな酷いことをしたのかというと、ボディータッチ。

ウソです。握手です。

 

その当時、レンタルビデオで洋画ドラマを見まくっていた影響で、「やあ、ようこそ。僕たちのチームへ。歓迎するよ。」って握手をしたんですね。

 

そしたら、その子が、ブワ~って涙浮かべて泣き始めちゃったんです。

 

お前がふざけた挨拶するからっ!って社員さんに怒られそうになったんですが、

「違うんです。」って。

 

そのアルバイト女子は、実は高卒で社会人やってたんですが、職場イジメにあって引きこもりこもりん。ようやく社会復帰のアルバイト初日ということで、不安で不安で仕方がなかったそうなんです。

 

でも、いきなり握手を求められて、ようこそ。歓迎するよ。って言われて、

「ここならやっていける!」って安心したそうなんです。

 

俺イケてるっしょ話ではないんです。

僕は、その時からいつも、このアメリカドラマかぶれ挨拶をするようになりました。

挨拶しながら握手しただけで、泣くほど安心してもらえるって、凄い、って思ったからです。

 

でも、今日はそれをしなかった。

 

申し訳ない。

 

でも、やっちまったもんは、仕方がない。

 

なぜなら、一期一会。

やっぱり必殺技は一発目から出さないとですね。

相手の期待を常に越える。それは、自分自身を常に越えないと実現できない。

 

今日もおつかれさまでした。