Focus notes

Feedbackを適切にすることが、凡人にできる最大の貢献である。

タラレバを利用する

ホントは○○したいけど、○○が無いから、それがあレバ出来るんだけどね…

 

○○が整うなラバ、○○したい。

 

良く聞く会話ではありませんか?

 

僕は、このタラレバを克服するために、資金を稼ぐための事業をするのだ!と思っていたのですが、どうやら違います。

 

なぜなら、○○出来たら。という仮説は、十分に検討した制約条件ではなく、たんなる言い訳だからです。

 

ここに存在する真実は、やりたいことのヒントがあると言うことだけです。

 

これを具体化するためには、何のためにそれをやりたいのか?どんなことをしたいのか?を明確に定義する必要があります。

譲らないポイントですね。

 

そこまで決めてはじめて、ではどんな策があるかの洗い出しに入れます。

どんなリソースを使えるのか?

もしかしたら、すでにリソースはあるかもしれません。お金というリソースだけでは、どうしようもないかも知れないし、お金だけ無いのなら、調達する手段はあるかもしれません。

 

ちゃんと考えきって生きていかないと、人生そんなに長くはないですからね。