Focus notes

Feedbackを適切にすることが、凡人にできる最大の貢献である。

自分の人生には言い訳出来ない

今日は株主総会で、様々な事件が起きました。

  1. 総務部長遅刻
  2. CFO10分前入り
  3. 経理部長 有報読んでないこと発覚

 

マズい事が起きたとき、他人のせいにして済まそうとする人達がいます。

 

総務部長は、電車遅延のせいにしてました。同じ通勤経路の経理社員(平)は、30分前に到着。ちなみに通常出勤時間と同じ集合時間です。

 

CFOは、有価証券報告書(ドラフト)に目を通さないまま会場入り。社長との事前打ち合わせが出来ないまま参加したため、全質問に対して社長が回答せざるを得ない状況に。

目を通せなかった原因として、監査法人による監査結果フィードバックが遅いからだということです。

 

総会後取締役会で、有報ドラフトに注記番号の採番ミスが発覚。指摘を受けた経理部長は、当該ページは経営企画部に記載をお願いしたため、見ていない。と言ってしまいました。ちなみに経営企画部が作業補助したページは、全体の半分です。

 

みんながみんな、○○が悪い!としか言いません。でも、本当にそうでしょうか?

 

1年に1回の株主との対話の場。

七夕の織り姫と彦星です。

遅れる?準備しない?見ない?

 

私には彼らを責めるつもりは全くありません。なぜなら、誠実性や真摯さが皆無だから、忠告するだけ無駄だからです。

 

でも、彼らの姿を見つつ、自分の生き方について振り返ってみました。

 

そうすると、自分自身に対して、結構言い訳をしてしまってることに気づきました。

 

眠いから。忙しいから。お金がないから。。。

 

他人に言い訳は出来ても、自分の人生に言い訳はできません。なぜなら、本当は単なる言い訳だと知っているからです。

 

自分自身に言い訳して、やり過ごそうとしたのに、心のどこかで引っかかって自己嫌悪に陥る。

 

そんなバッドループに陥っているのではないか?

 

仕事に真摯に取り組むように、自分自身にも誠実に真摯に取り組まなければ、言い訳連中とは、ドングリの背比べですね。

 

とても良い刺激になりました!