Focus notes

Feedbackを適切にすることが、凡人にできる最大の貢献である。

即断即決即行動

うまく行っていることは、大抵、即断即決即行動したものだなぁと感じでおります。

 

退路を断つために、大決断して、全身全霊を乗っけて、ええぃっ!!ってやらなければ、成功はおぼつかない。という先輩がいますが、私はこれを否定したい。

 

ノリで決めて、行動して修正して、コツをつかんだら誰かと共有して…の繰り返しをやりたいです。

 

そうなると、同時にどれだけ多くの案件を回せるかが大事になりますね。

 

考えるとするならば、撤退ルールは明確にしておいた方が良いと思います。

残業是が非か

ちまたでは、働き方改革案やらなんやらで、時間外勤務削減が話題になっているなか、経理課長の計画外退職のあおりを受け、今月の時間外勤務が80時間程度になりそうです。

 

先月は15時間程度であった為、時間外勤務による悪影響をとても実感出来る状態です。

 

1.生産性の低下

まず、現在の状態をざっくりと説明すると、日中=退職する課長からの、要改善課題の共有。定時後=自分の担当業務。という感じです。

この方の退職日は決まっているため、例外処理として、この対応はやむなし。というところです。

しかしながら、業務および課題事項の専門外担当への引き継ぎという、そもそも生産性の低いものに加え、夕刻からの担当業務着手により、「考える」質が低下し、担当業務の生産性も大幅に下がっていると感じます。

現に、先月末までに今月使うために収集した各種情報に基づいた改善提案については、3テーマの予定が、まだ1つしか行えてません。

 

2.プライベートにおけるセルフコントロール力の低下

すごくシンプルに言ってしまうと、間食が増えました。なんか、自分の甘えを正当化するですよねー

 

3.家庭内がギクシャク

やはり私の家事分担率が下がってしまう為、妻不機嫌→子ども達イライラという状態になってしまっている始末です。

我が妻は、不機嫌が言動や表情に出やすいタイプなので、非常にわかりやすいのですが、どんな家庭でも多少はこういう事が起こるのでは無いでしょうか。

若かりし頃の自分だったら、「家族の為に頑張っているのに、不機嫌になるのはけしからん!」「なんだよ、チクショー」と反発しているとおもいますが、やはりここで反発するのは、争い事を生むだけですので、嫌なんだな~イライラを抑えようと頑張ってくれてるんだな(全然抑えられてないけど…)と考えるようにしています。

 

これらを総合的に考えると、やはり時間外勤務は削減すべきなんだなーと思いました。

 

 

 

Gカップは持てあます

会社の大きさは、社長の器の大きさ以上にはならないとよく言うが、これは中小企業のことである。

一度、中小企業から大会社くらいのサイズになってしまえば、惰性でもなんとかなって行くし、挑戦しなければ、そうそう倒産することも起こらない。

 

ただ、大会社サイズになると、マネジメント層がとたんに"持てあまし"はじめる。この時にどんな行動をするかで、さらに良くなるのか、衰退がはじまるのかが決まる。

 

持てあますのは、経営資源の全てである。

 

人金は、経営層の一個下の層に委譲することが可能だが、情報と時間はどうしようもない。

 

ある"持てあましてる役員メンバー"にお話を伺ったところ、

「何をやっていいかわからない。しかし、部下は優秀だから、仕事は回るし、トラブルもまあ、起きない。トラブルが発生したら、部下の首をすげ替えれば終わる。そんな環境でなにがやれるか?って何もやれない。会社に来たものの、暇で暇で大変だよ」

とおっしゃっていた。

 

そんな覚悟なら、経営者なんて辞めてしまえ!と言いたいところだが、やめるはず無い。

 

これって、日本の大会社では、良くある光景ではないだろうか?

 

恵まれた環境になったら、持てあます。

想像力の欠如だ。Gカップの彼女はなかなか持てないものの、奇跡的にお付き合いする事ができたとしよう。いざその時になったら持てあましてしまう。

ひととおりAVで学習した事を色々試してみるが、それでおしまい。

誰もが羨む環境を手に入れながら、活かせないのである。

 

持てあまさない為にはどうすればよいか?

やはり、そのサイズに戸惑う事なく、基本に忠実に行動する事である。

パ○ずりもできるだろうが、それは本質ではない。揉み、舐め、うずめる。

Cカップでも出来ることをやるのだ。

サイズの違いを感じる場面もあるだろうが、そのサイズじゃないと出来ないことなんて、たかがしれている。

 

立場に見合った凄い事をしようと意気込んだものの、上手くできず、持てあまし族になるくらいなら、サイズに関わらず、原理原則に従い行動し、相手が乗った時のたまのパ○ずりを楽しみにコツコツと舐めていく。

 

そんな真摯さが、メンバーに身につけば、企業価値の継続的な向上を実現出来ると思う。

 

 

 

 

タラレバを利用する

ホントは○○したいけど、○○が無いから、それがあレバ出来るんだけどね…

 

○○が整うなラバ、○○したい。

 

良く聞く会話ではありませんか?

 

僕は、このタラレバを克服するために、資金を稼ぐための事業をするのだ!と思っていたのですが、どうやら違います。

 

なぜなら、○○出来たら。という仮説は、十分に検討した制約条件ではなく、たんなる言い訳だからです。

 

ここに存在する真実は、やりたいことのヒントがあると言うことだけです。

 

これを具体化するためには、何のためにそれをやりたいのか?どんなことをしたいのか?を明確に定義する必要があります。

譲らないポイントですね。

 

そこまで決めてはじめて、ではどんな策があるかの洗い出しに入れます。

どんなリソースを使えるのか?

もしかしたら、すでにリソースはあるかもしれません。お金というリソースだけでは、どうしようもないかも知れないし、お金だけ無いのなら、調達する手段はあるかもしれません。

 

ちゃんと考えきって生きていかないと、人生そんなに長くはないですからね。

 

 

 

 

人の振りみて我が振り直せ

昨日の出来事なのですが、新しい直属上司のプレゼン資料を見て、愕然としました。

昨年までの僕がやっていたような、経営陣批判。

 

この直属上司は、技術畑で真面目な人なのに、出世コースからはずされて、色んな役目たらい回しにされてます。

 

これか。と。

 

批判する言葉は、ぶつけても意味が無いんですね。伝え方ってやつですね。

 

経営者として失格です。と言われても、人は動かない。貴方にしか出来ないことだから、リーダーシップをとってほしい。とか言い換えないとダメなんだなと、理解しました。

 

これも、目的と手段の話ですね。

言葉は悪いですが、直言しても響かないひとや、逆恨みするひとには、直言するのでなく、騙す。のせる。そちらの方が有効です。

 

自分がすっきりするか、全体の利益をとるか。そういうことです。

 

 

 

質問は重要

経理総務経営企画系で働いてるみなさん!

炎上してますかー!!

 

当社、目下炎上中です。

炎上すると、みんなどうしても目の前の火を消したくなっちゃって、右往左往しちゃいますね。

 

こんな時、質疑応答は重要です。

 

自分では手に負えなさそうな問題が見つかったら、誰かに質問すればいいんです。

「どうしましょう?」って聞くよりも、「誰に質問したら良いですか?」って聞きましょう。最悪、外部専門家に聞けばいいんです。

 

「なんとかしなきゃ!」ってあたふたしてる人がいたら、「どうしたいの?」って聞きましょう。どうしたいが無いときがあります。それじゃ”なんとか"は、いつまでたっても実現出来ません。

もし答えがかえって来ても、安心してはいけません。

「なぜ?」「どんな目的で?」と聞いてみて下さい。

手段と目的はしばしば混在します。

一から文書を作らずとも、注釈入れるだけですんでしまうケースもよくあります。

 

忙しいは、心を亡くすと書きますが、心とは、感情ではありません。心とは、想いですから、目的のことを指します。忙しいと、目的を見失うんです。

 

実現させたいゴール、取り組む範囲を決めて、タスクやイシューを洗い出したはずです。

次のステップは、やる/ふる/無視するの仕訳基準を決めることです。

そして、選択基準にそって、対応していきます。

 

これらが混同しはじめたら危険な兆候です。判断力が落ちているということなので、無駄な事をし始めてしまう可能性が高い。

 

誰かが質問してあげてください

 

食い扶持をつなぐ事と働く事の違い

人間は動物です。食べないと生きていけません。食べるために仕事をします。食い扶持をつなぎます。

 

働くについては、諸説あるみたいですが、僕は言葉遊びである、"傍を楽にする"説が好きです。

 

食い扶持をつなぎつつ、はたらく。

ストレスが、たまったら憂さ晴らし。

 

会社では、機能別に分業して、みなで食い扶持を稼ぎ、はたらく。

たまには同僚と憂さ晴らし。

 

しかし、今や様々なwebサービスを活用することで、全てを統合することが可能になってきています。

 

食い扶持を稼ぐことはあまり意識せずに、憂さ晴らししていることで、傍を楽しませてるって人いますね。

 

そうなると、考える順番が

自分はどんなことで憂さ晴らししてるか?つまり、何をするのが楽しいのか?やりたいのか?

それをどのように周りに伝えれば、喜んでくれるのか?楽しんでくれるのか?

それを食い扶持にするにはどうするのか?

 

もはや、食い扶持という表現では不適切なのかもしれませんね。