Focus notes

Feedbackを適切にすることが、凡人にできる最大の貢献である。

上手な上司の使い方

この4月から直属上司が変わって、ウマが合わなくは無いのけれど、イマイチかみ合っておらず、部門の生産性があがらなかった。

 

しかし、今日、ついに攻略法が上手くはまったので、いつも自分が考えてることは、やっぱり効果があるなーと思ったので、シェアします。

 

当たり前ですが、人には得手不得手がある

さあ、今日の仕事に取りかかるか!とタスクリストの一番上から仕事を片付けはじめた時に、何となく気分が乗らないタスクってあると思う。

これ、2分で終わるなーと思っても、ついつい後回しにしてしまうタスク。

 

このノらないタスクは、不得手なものだ。簡単に出来ても、意志力を浪費する。

 

僕の場合は、誤字脱字チェック。

 

新しいものに取り組む or 既存のモノの完成度を上げる

人と仕事する or 仕組みを作る

 

それぞれタイプがある。

 

上司に気分良くノってもらうには、得意なことをしてもらうといい。

 

上司の上司と上司の関係性を良くする

上司も人の子。出世したい。であれば、上司の上司は苦手だけど、上司は得意なことを上司から進言させて、上司の上司の手柄を作らせるとノってくれる。

 

ちとわかりづらいので、具体例を。

まず、上司の上司は、仕組みづくりは苦手で、新しい物に取り組むのは苦手なタイプ。

上司は、対人が苦手で、既存のものの完成度をあげるのは苦手なタイプ。

そう。真逆。

 

今日僕が提案したのは、仕組みづくりが必要で、新しい取り組みの提案。

普通にやると、直属上司には受けるけど、上司は、上司の上司に却下される。

 

なので、「ルーチン」を作るので従うように指示出しをしてほしいと上司の上司にお願いしてほしいことと、過去の上司の上司の通達に沿った内容であることがわかる資料を提案書として用意。

 

上司の上司からしてみれば、自分の得意な事をお願いされた感覚だけど、実際は違う。二人で上手く分担した感じもでて、二人とも上機嫌。

 

暗黙の「わかってるねー」感が出ると、生産性は一気に高まる。

 

伝わりました?

 

一言でまとめると、

上司の得意なことを把握して、のせろ!

ということでした。

 

 

 

 

満員電車、しばらくサヨナラ

学生さんが夏休みに入ったからか、通勤電車がガラガラです。

いや、ガラガラは言い過ぎですね。

余裕があります!くらいにしときます。

 

 

突然ですが、この通勤ラッシュって、必要だと思いますか?

 

ん?仕方ない?違う違う、僕の質問は、必要だと思いますか?です。

 

そう。必要ではない。

 

では、解決手段を考えて行きましょう。

 

僕、これ、簡単だと思います。都内に会社が多すぎるんです。

 

23区内の法人都民税10%UPして、都下の市町村の法人都民税10%下げたらどうでしょう?

もしくは、所得2000万円以上の方に、特別都民税で、年間で1割の税金とってはいかがでしょう。

 

高い税金だけど、それを飲み込める生産性を持った会社や経営者じゃなければ住めない土地にしてしまえば…と思います。

 

こうすると、何とかしなきゃなっていう動機が生まれますので、その際に、色々な地方自治体の方々に誘致を頑張って頂くのが良いかなと思います。

 

 

人間誰しも才能があるのよー

今日、元上司であるコンサルタントの方とランチミーティングをしてきました。

 

その方はむちゃくちゃ切れ者で、コミュニケーション能力も高く、10歳上の方ですが、目標となる方です。

 

コーチングを受けた訳では無いのですが、突然、君は人生を使って何を実現したいの?と質問されたので、

人に関わった仕事をしたいです。僕はすべての人は何かしらの才能と、それを発揮して世の中に貢献すべき使命を与えられているんだと思ってます。

だから、その才能を見つけ、開花させる手伝いがしたい。

と、答えました。

 

失笑。曖昧すぎると。ビジネスプランに出来なければ、仕事には出来ないと。

おっしゃる通りです。

 

ただ君らしいと。何かはしてくれそうだと。

でも、ちょっと雑だと。紙に書けと。

 

なんだか、最近、いろんな人に同じ事を言われます。そこで、紙に落としてみました。

 

とりあえずテンプレートをネットで拾って、ちゃちゃちゃーっと作ったところで、ストーリーになっていない事に気付きました。

 

もしかして、僕は今日死ぬかもしれない。人間だもの。そしたら、自分がやりたい事も、はっきりと自覚しないままで、人生を終える事になります。

 

嫌だな。どうせなら、大失敗して首を括りたい。

 

このプランを持って、ありとあらゆる人にプレゼンしまくります。馬鹿にされてきます。

 

凄腕のコンサルタント

今日、今度部長以上向けの社内検証講師をお願いする予定のコンサルタントの方と、まえうちをやりました。

 

凄腕ですね。たかだか30分のミーティングで、当社の課題とその原因と思われる事項、改善までのプロセスを提案して下さいました。

 

でも、残念ながら、成果は出ないと思います。

 

理由1 経営は変化を望んでいないから

理由2    中間管理職も変化を望んでないから

 

当社は上場してはいるものの、個人商店でしかありません。200億売上があっても、出来るだけ少ないコストで、余計な挑戦にはお金を使わず、成長より安定を欲しています。

 

自分のやりたいことと、会社のやりたいことが全く合致しません。

 

僕は、働く人の成果をあげやすくして、世の中に貢献するお手伝いがしたい。

今、預かっている部下は、ほぼ完成されており、もはや僕より完全に優秀です。

それでも、組み合わせの妙で、相克関係になって生産性が落ちることしばしばなんです。

 

組織を経営する人に、そういうこともあるな。と言うことを考えて欲しい。

 

今日の一言

人がすべて。仕組みはあくまで、人の活躍をささえるためのものである。ゆえに、仕組みの改善だけでは、改善はできない。

 

九州弁でよかですか?(しかも、八代弁)

今日、久々に師匠とその弟子の人達と飲んだ。失礼を承知の上で、八代弁というオブラートに包んでお届けします。

 

ひとんこつば、あぎゃんこぎゃんいう前に、我がこつばどぎゃんかしなっせ。

おいは、我がどまがいうよっか、どぎゃんでんでくっけん。

 

じぇんの、なかけんが、なんも出来んておもとるかもしれんばってん。わっどま何回だまされたこつあっとや?

おいは、なんべんでんあっぞ!

そっでん。どぎゃんかすっとだけん、ぼーっとしときゃよかたい。

 

わっどま、次おうたときになんか言うてきたら、どぎゃんかなりました。ていうけん。

命を燃やしている感覚

死ぬ気で頑張るとか、必死に頑張るとかいうが、本気で死を覚悟すると、こんな感覚なんだなーと自分に関心している。

 

1)イライラを表現する必要がなくなる。

苛立ちを感じたとき、それを表現するかどうかについて、人間はとっさに判断している。

イライラを表現するのは、誰かにそのイライラを気づかせて、気を使ってもらいたい時だけだ。

死を覚悟すると人に動いてもらうのを待つのすら勿体ないので、すぐ自分で動くため、苛立ちを感じでも、表現するより先に解決策の為の動きを取るようになる。

 

2)一期一会だからこそ、礼を尽くす

例えば、コンビニのレジのアルバイトでも自分の人生に少しでも関与している人には、心からのお礼を伝えるようになる。

 

3)家事が自分事になる

かみさんの掃除を手伝い、洗濯物の取り込み、たたみを手伝い、炊事・洗い物を手伝う感覚だったが、それすらも自分の思い出を残すツールだと思えてきて、手伝うという感覚ではない、自らがやるんだ!というようになった。

 

4).

諦めるのはまだ早い

昨日、元上司にちょっとだけ弱音を吐いたら、「まだ、手はあるだろ。諦めるんならそれでいいけど」と諫められた。

 

そう。まだ手はある。

 

同時に気付いたこともある。

なんだかんだ言いながら、いつもお金のことばっかり悩んで生きてきたなと。

40数年の人生。生まれて物心着いたときから、ず~っとお金の悩みばかり。

 

金儲けのために生まれたんじゃ無いぜと、忌野清志郎も歌ってたが、今の俺はそうだね。

 

いくら稼げるかでなく、誰かの為になることをやる。馬鹿にされてもいいや。