Focus notes

幸せに生きるためには、戦略的コミュニケーション技術が必要なのです。

小太りからはじめる健康戦略

 

ここ数回の記事では、私の3年後の最優先目標を「人を導く仕事を、遊ぶようにしていたい。」と設定し、それを実現するための、財務戦略・キャリア戦略(キャリア戦略は事例紹介)について書いてきた。

※最近、ブログでの記述が「ですます調」「だである調」混在型になってしまっていまい、混乱を招いていることを深く反省している。原因は、その日の気分なので、そのうちキャラを確立させるよん。


今回は「健康戦略」である。小太りなのにね(笑)


この流れで行くと、ダイエットするぞー!!みたいな話の流れになるところなのだが、「ダイエット戦略」ではなく、「健康戦略」なので小太りも許容の範囲だ。


世に価値を提供したければ、身体的エネルギーの充実が必須

某事業を行っている友人が、絶好調で採用が追いつかず、事業拡大に苦戦している。今、そのボトルネックの「人材」を確保するために、全力で採用活動を行っているらしいのだが、食事を取る時間も惜しんで活動していたがために、ついに倒れてしまった。

 

また、私の師匠もあらたな事業をスタートさせ、破竹の勢いで伸ばしているのだが、師匠も体調を壊しがち。
彼らがすごいのは、気力でそこを乗り切っているところなのだが、気力でカバーできる範囲を越えて、身体的エネルギーが枯渇してしまった場合、どうなってしまうのだろう。

 

僕が勝手に憧れている昔の上司は、JASDAQ上場企業の事業本部長から東証1部上場企業の役員→常務を経て、海外で起業し、今や100名の従業員を抱えるまでになっていらっしゃるのだが、彼は40代前半のときに一念発起し(健康診断でのNG)、小太りからダイエットに成功。かつ、スポーツ全般をスタートさせ、50歳現在も現役バリバリだ。

「ダイエットをした」のではなく、「ダイエットをきっかけに、生活習慣を変えた。」ということがよく分かる。

 

どっちの人生に憧れるか?かっこいいと思うか。

僕は、「身体的エネルギー」がある方が、かっこいいと思う。

結局、本当に正直に生きるのって、自分がこれかっこいいなと思うことに正直に向き合い、これを実現するために努力することだとも思う。

確かにめんどくさいとか思う場面もあるけど、衝動ですよね。それって。

衝動によってコントロールを失うこともかっこ悪いと思う。

かっこ悪いと感じてるけど、流される自分は嫌なものだし。

ちょっと脱線がすぎる。

 

そもそも戦略ってなんだ?

僕は戦略とは、目的を達成する手段を予め想定することだと思っている。

つまり、健康戦略は、身体的エネルギーを充実させるという目標をどのように達成するかを予め想定すること。

まずは、現状把握。つぎにリスク評価。アクションプラン。

僕は、喫煙者で酒飲みで、睡眠と運動が不足。という現状。

身体エネルギーの向上を実現するために、一番初め取り組まなければならないのは、睡眠の改善→早寝早起き→朝運動→食生活の改善→スポーツみたいなストーリー。

 

今後、経過報告してきますよ。

すいません。今日は酔って書いちゃいました。

でも、やんねん。みんなもやろうよ。成功しようぜ!

 

 

小市民的キャリア戦略

今日から国内出張にもかかわらず、クレジットカードを持ってくるのを忘れてしまい、旅慣れすぎの自分が怖い、雑談課長です。

この勢いだと、年明けに予定している香港出張もパスポートのみで向かってしまいそうな自分が怖いです。

 

さて、本日は、悩みどころの「キャリア戦略」です。

 

究極の選択

現在、究極の選択を迫られています。(まだ、社長面接が残っていますが。)

私42歳ですので、ここでの選択が自分の人生において、すごく大きな分岐点になることは重々承知しています。

どちらの選択肢を選ぼうとも、結局はうまいことやるんでしょうが、サンプルとして面白いと思いましたので、まさに今の状況を提示します。

 

選択肢1  現在の会社に残る。

メリット:仕事も人間関係も確立出来ているため、自由が効く。副業をやるには最高の環境。海外勤務の可能性もある。給料もそこそこの水準。

デメリット:経営陣に当事者意識がないため、経営企画という立場ではやりがいがない。通勤2時間。体質が古すぎる会社のため、40代ではこれ以上の昇給昇格が見込めない。部長職の多くがハンコ係になって仕事をしないため、ストレスが溜まる。

 

選択肢2 上場準備中の会社に転職

メリット:全てはこれから作っていくことになるので、ワクワク感はある。自分の経験がスキルになっていることを確認できる。業界が全く異なるため、人脈的にも広がる。

デメリット:給料が大幅に下る。(年間約300万円~400万円)通勤1時間半。上場準備の地獄の日々がまたはじまる。あと、上長がいるところに行くので、実は作業者かも知れない。

 

結局は、道を切り開くのも、道を歩むのも自分自身です。ただ、古い企業の悪しき伝統を壊し、600名の従業員の日々の生活を守る事に貢献するのか?社会に変革を起こす事業に貢献するのか?の違いです。

 

みなさんだったら、どちらを撰びますか?

 

 

 

おっさんの財務戦略

いい天気だなーの勢いで、朝から筋トレしました!雑談課長です。

 

私ごときが財務戦略を語るなど100年早い気もしますが、まあ、自分の財務戦略だしね。

 

私は、財務戦略とは、調達戦略だと思っていて、やりたいことをやるお金をどうやって工面するか?って事だと思っています。

 

まあ、有利子の負債で今ボロボロですが、これはこれで仕方がないです。ただ、ここで結果論として間違いなく言えることは、調達しがいのある支出をしないと、虚しい。または、調達しがいのある調達でなければ、調達すべきでない。ということです。

 

でも、こんなもん結果論だからいえるだけで、その時にわかるわけないですよね(笑)

お金を理由にこのチャンスを逃してもよいものだろうか?

そう考える場面というのもあります。

 

ですので、実は僕らに出来るのは、逆説的に「お金を支出した以上、何かしらの結果がでるまではやり抜く」ということくらいしか無いのでは無いでしょうか。

 

例えば、タクシーを使ったり、新幹線を使ったりするような場面があります。これは、お金で時間を買ったようなものです。

この車中でパズドラをやっているとするならば、ある意味、パズドラをやるためにお金を使っているようなものです。

 

自分の人生の時間を出来るだけ濃密に過ごし、そのために必要なお金を工面する。そして、お金を使うことや、時間を使うことにはシビアであり続ける。ビジネスっぽく言うと、調達コストに見合う事業展開を図る。でしょうか。

 

これが、財務戦略の基本原則です。

 

 

 

中期ビジョンからの目標設定

昨晩、会社に家の鍵を忘れて帰ってきてしまい、プチ野宿(飼い犬がむっちゃ吠えて家族が目を覚ましたおかげで1時間半ほどで終了)する羽目になり、眠たい1日を過ごした、雑談課長です。

 

昨日、5年くらいのビジョンについてざっくり考えました。会社で中期経営計画をたてるのであれば、競合、顧客、市況など、集めるべき情報はもっと種々あるのですが、自分たち家族のことなので、簡単な未来予測にしておきました。

 

では、このビジョンから目標設定に進みます。目標設定というと大げさですね。

いつまでに、何を、どうしたい。を考える。です。

ここでは、いつまでにを、東京オリンピック終了までに。と決めてしまいます。

約3年後です。

 

次に「何を」に当たる部分ですが、ここでいきなり経済的自立の状況をいの一番に考えてしまうと、金儲けの為に生きる事になるので、最優先目標をまずは考えましょう。

子ども達との関係?仕事?社会的地位?

私は、仕事を最優先にしたいとおもいます。と言っても、むっちゃバリバリ働くぞ!という意味ではなく、人を導く仕事を、遊ぶようにしていたい。これが目標です。

 

そのためには、機能別戦略が必要です。財務戦略、キャリア戦略、健康戦略、情緒安定戦略、社会貢献戦略あたりですね。

 

では、それぞれの戦略目的は…とちょっと複雑になりますので、続きは明日!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人生デザインに基づく中期計画(いや、まずビジョン)

ちょっとバタバタしはじめて、やばいなーと思いながらも、雑談ばっかりの雑談課長です。

 

さてと、昨日は、自分の人生をデザインの人生にするために、これまで働いてきた過去を振り返りながら、人生の目的を考えてみました。

 

目的と夢が混ざった感じになっちゃったので、次は計画を立てなきゃなのですが、いきなり計画を立てることは出来ません。

 

人生の目的がミッションならば、次はビジョンを描かないと、計画を立てる軸がありません。

 

ビジョンを描く際には、例えば5年後の社会、経済や家族の状況などを、まず予測しなければなりません。そして、その中で自分は、何をどのようにしていたいかを考えます。

 

2023年の日本

まず、ほぼ確定している情報を集めます。

ひとつは、人口動態です。

 

ざっくりいうと、生産年齢人口が6割、高齢者3割、子供1割の高齢化社会が来ることは確定しています。

 

(出典)総務省国勢調査」及び「人口推計」、国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(平成24年1月推計):出生中位・死亡中位推計」(各年10月1日現在人口)、厚生労働省「人口動態統計」

 

そして、我が家の家族の状況はというと、一番上は大学生。真ん中高校生。チビは中学生です。

 

オリンピックを終わり、経済の状況は、かなり悪いと思われます。これは、多くのアナリストの分析と過去のオリンピック開催国の歴史から、おそらく景気後退局面が訪れるであろう事が推測出来ます。

 

そのような環境下で、どのように病貧争ではなく健豊和な状況を確保する事が出来るでしょうか?

 

好景気があと2年と考えると、その間に健康と財産と心理的なストックを持つ必要がありそうです。その後3年間は、フローでの波を捉えて、いかに周囲に良い影響を与えることが出来るのか?というのが、ポイントになると思います。

 

そんな世の中で何をしていたいか

高齢化社会と不景気と考えると、何だか暗い未来が待っているかのように思えてしまいますが、今、55歳の先輩方が引退され、さらにはその親世代からの遺産相続をしているのだとすると、ある程度ネットリテラシーがある方もいる元気なシニアが多くいる世の中になるようにも思えます。

 

そう考えると、これまで以上にモノより経験が売れる世の中になるのでは無いでしょうか?

 

福祉というより、高齢者のためのアミューズメントが盛り上がっているかもしれませんし、もしかしたらアカデミックなものが流行るのかも知れません。

 

彼らはまだ肩書きで仕事をする文化どっぷりですので、引退後はコミュニケーションに苦労するでしょう。

 

そこで彼らを勇気付け、怒りが流れ出さないようにしたいですね。

そして、予防医療の文化、感謝を表現する文化を作れるようでありたいです。

 

 

 

 

人生のデザイン

僕の人生のデザインをする上で、これまでの人生を振り返ってみたい。

 

大学を卒業し、就職した会社は、当時流行りのリストラ用の法人で、元銀行支店長が社長で資金供給を止められあえなく倒産。すぐに露頭に迷うこととなる。

当時僕は、バンド活動をしながら、社会人をと考えていたので、完全にあてがあずれた形になった。

 

そんな僕にアルバイトから準社員にならないか?と声をかけてくれたのは、とある人材派遣会社の新宿支店長だった。その支店長は、僕が準社員になって数カ月後に、倒れて実家に帰ってしまい。後任で来たのは、その会社では古株の渋谷支店長M氏だった。

 

最悪な上司 

彼は同じ年だったが、その会社では学生の頃から働いており、ベンチャー企業の古株で、かつてのヒーローであり、重用されている人だったが、全く働かない人だった。

 

働かない支店長と僕、そしてアルバイト2名で新宿支店を切り盛りしていたものの、働かない支店長が切り盛りしようとするので、成績は上がらず、その支店長も、突然退職してしまう。

 

支店長がこなくなったあと、今度は大宮支店長が赴任して来ることになっていたが、僕とアルバイト2名は、支店長がいなくなった今こそ、僕らで上手いことやる番だと、奮起し、新宿支店開設以来はじめての、単月目標を達成させた。

 

「そのままでやってみるか?」社長の一言で、僕は、準社員のまま、支店長をやることになった。

 

当時の月給は、額面12万円

 当時の僕らの思いは、「新宿支店のメンバー腐ってたわけじゃない。管理職が腐ってただけだ。それを絶対に証明してみせる。」ただ、この一心で仕事に取り組み、1年後には、関東10拠点のTOPの支店にした。

 

その会社では、その後も、高名なコンサルタントが入ってきて支店をシッチャカメッチャカにしたり、鳴り物入りで入ってきた部長さんが、成果が出せないまま退職したりを繰り返し、僕は、いわゆる「エリート」「管理職」に対する不信感は、日増しに高まって行くばっかりだった。

 

不信から確信へ

この思いを確信に変えたのは、とある人材大企業出身の副社長を迎えたときだった。その副社長の話は、とても心躍らされるものだった。当時、僕が担当していた支店は、開設以来一度も黒字になったことがなく、再生のために送り込まれた支店だった。

僕は、最初の1ヶ月で単月黒字を達成し、3ヶ月で累積黒字を解消し、部長職の立場で仕事に取り組む予定だった。

しかしながら、突然の副社長の登場。本来ならば、反発するような状況だが、彼は、僕らに「世間一般の企業並みの待遇を実現する」と言い、まずは新卒および準社員の給与を額面22万円程度まで引き上げた。

「やっとまともな人が現れたか。」

 しかし、最初の3ヶ月でボロがでた。その人は、プレゼンは上手いが仕事が取れない人で、業績は右肩下がり、しかし、プライドが邪魔して真摯に取り組むことができず、17時になると退勤と思いきやスポーツジムに通い、帰りがけにナンパした女性を接待するように部下を呼び出し、終電までつきあわす(しかも割り勘で)という人だった。

 

僕は我慢の限界でその会社を退職して、大手人材会社へ転職した。

 

一筋の光明だったが

この会社は、とてもまともで、給料はさほど高くはないものの、優秀な若手も多く、とてもやりがいのある職場だった。

 

僕の職種は、製造メーカーの工場でのラインスタッフの派遣および請負の管理だった。

どうしても成績を残したいがために、日勤の現場と夜勤の現場を一人で担当し、1日45分×2回の睡眠を営業者の中でとり、あとはずっと仕事をしているという生活で、なんとか、支店TOPの成長率を確保することができた。

 

しかしながら、ここでも、「エリート」「管理職」たちとぶつかることになる。

本社の事業企画部課長、法務部課長と、僕はしょっちゅう喧嘩をしていた。

彼らは「ライン」で働く「派遣社員」たちを、「材料」のように扱った。

よく「とりかえろ」「ほかの現場に回せ」と指示を受けていたが、僕は一度もそんな指示には応じなかった。

「生産性が低い」「人物的に問題がある」そうではない人もたくさんいる。

現場で働く社員はものじゃない。

僕は彼らとしょっちゅう話もしていたし、彼ら以上に早くネジ締めもできなかった。

 

今、僕は本社経営企画部で働いている。当時、僕が嫌っていた側の人間として。

しかしながら、僕は、当時の精神を忘れてはいない。

現場で働いている人間はものじゃない。すごい技を持っている人もいる。むちゃくちゃ賢い人もいる。ただ、ちょっとしたボタンの掛け違いで、「管理職」「エリート」のコースから外れた人たちだったりする。

 

また、台湾の支店のスタッフというだけで、下にみる本社の役員もいたりする。

 

ふざけるな。こんなのはおかしい。

 

会社のためにお客様と向き合い、数字を上げている社員より、日中眠たくなったらお散歩にでかけ、Yahooニュースを見て1日を過ごす役員の給料が8倍ほど高いのは異常だと思う。

 

僕は、こんなイカレタ世の中を変えたい。

真摯に取り組めば、病気・貧困・争いから抜け出せる社会を作りたい。

 

僕の人生のデザインはこれだ。

真摯な人を、勝ちに導く。それができる人間になる。

 

 

マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則

マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そっか、結局ストックとフローなのね

最近の労務関連の支払いニュース頻発は、過払い金ブームの次に訪れた士ビジネスブームのひとつじゃね?雑談課長です。

 

今日は小金持ちさんに聞いた、たぶんこうしたほうが良いよ話をシェアします。

 

金儲けの為に働きたい?

僕は、RCサクセションが大好きで、「金儲けの為に生まれたんじゃないぜ」は名曲だと思っています。金儲けの為に疲れて死んでしまうなんて悲しいことさ。

でも、生活してくため、家族を養っていくためには、金儲けしないとダメですよね?

 

ある人は、妻子を持たず生きようとしています。彼曰わく、妻子を持つのは、金持ちの道楽だそうです。本能はどこに行ってしまったのでしょうか?

 

ただ彼は、金儲けの為に生きていないかというと、残念ながら、自分ひとりの食い扶持を確保するために、ちょっとだけ働いて、あとはずーっと相場とにらめっこしているか、スマホでゲームしてます。

 

小金持ちさんがおっしゃるには、経済的自立の手に入れ方は、会社経営と同じだとおっしゃいます。

 

とにかく、ストックと言えるような継続収入源を確保しろとのことです。それは、不動産でもYouTubeでも構わないので、資産(お金・時間)を投じて、このストックを積み上げ、ストックからの収益で固定費を賄えるようになることが、最優先だとの事です。

 

フローで得たものも、ストックを積むことに使い、固定費を賄えるだけのストックを持ってしまえば、時間的な自由を確保出来ます。

 

その後どうするのか?が人生だ。

小金持ちさんがおっしゃるには、そうなったときに、どう時間を使うのかが、君の人生になる。と。よりおおきなフローを求め、金儲けの為にいきるのもよし。自分が感じている社会的な問題の解決に取り組むもよし。旅をして過ごすのもよし。

 

確かに、昇給に必死になることは、ギャンブルにはまるのとさほど変わらないかも知れませんね。

 

と、いうことで、僕の人生のデザインは、まず自分にストックを作るところからはじめたいと思います。