Focus notes

幸せに生きるためには、戦略的コミュニケーション技術が必要なのです。

視座ってなあに?

今日は、土曜日ですが、娘の美容院の送迎で早起きした雑談課長です。

 

さて、今日のテーマは「視座」ってなあに?です。

 

言葉の意味としては、

物事を見る姿勢や立場。

出典:デジタル大辞泉

だそうです。

 

でも、これだけだと経営チームの視座が低いと、部分最適になってしまうのか、ピンと来ませんよね?

 

経営者の立場で考えてるわっ!と怒り出す人もいるかも知れません。

でも、実は、その時点で部分最適がはじまっているのです。

 

解説します。

 

事業を経営するときに、経営者の視座で物事をみていると言いますが、事業を経営する事は手段です。

目的は、企業理念の中にありますよね。

「○○な社会の実現に貢献する」とか。

 

つまりは、

 「○○な社会の実現に貢献する」

ために、事業をしているのであって、

経営者という視座は、もうすでに手段が目的化しているんです。

 

よく、主任とか係長とかリーダーになったときや、自己啓発書なんかで、「経営者の立場で」物事を考えろとか、「2つ上の上司の立場で仕事を捉えよ」とか言いますよね?

 

ですから、経営者も同じように2段階上の立場で物事を考えなきゃなんない。

 

ここまでくると、抽象度が高過ぎて、よくわからなくなってしまいますが、○○な社会を実現した後の人々の視座を持つと考えるとよろしいです。

 

例えば、織田信長の理念が、戦乱の時代を終わらせる。だったとします。

彼は戦ばかりしていますが、それはあくまで、戦乱の時代を終わらせるための手段です。

自分達が天下統一して、戦乱の時代を終わらせるのが目的ですから、武士の作法とか、どうでもよい訳です。

奇襲はするわ、鉄砲隊を使うわ、やりたい放題ですが、目的はブレていません。

 

新たな戦の火種を残さないために、打ち負かした相手の親族は、女子供容赦なく全員殺してしまいます。

 

一方で、自分達の領地の城下町には、楽市楽座を導入し、当時としては新しい規制緩和策、財政策を敷きます。

 

恐らくその城下町の様子が、戦乱の時代以降の理想だったとおもいます。

 

配下の武士たちは、戦ばかりだと手段の目的化に陥ってしまうために、城下町の様子を見ることで、本来の目的を思い出し、統率力の高い組織が組み上げられていったのでしょう。

 

歴史上の事なので諸説あることは承知していますので、比喩表現の一部ということで、スルーしてくださいね。

 

経営者の視座が低いときに起こる事

日本では、ピラミッド型の組織が多いですから、経営者から中間管理職、一般従業員とだんだんと視座は下がってきます。

その代わり、下に行くほど具体策が見えてきます。

 

高いビルの展望台から外をみると、遠くまで見えて、車の流れや、人の流れは掴みやすいですが、その中のひとりの服装はわかりません。一方、地上では、ひとりひとりの服装はよくわかりますが、人の流れもゴール地点がどこなのかも、よくわかりません。

 

経営者の視座が目的地まで見渡せる程の高い位置にあるとするならば、従業員に最終ゴールまでの道のりについても語れるでしょうし、場合によっては地図を渡すことも可能です。

 

しかしながら、経営者の視座が低く、ゴール地点がわからないようであれば、とりあえずの指示しか出せず、従業員も徐々に惰性で進むようになっていきます。

 

 

ここで質問です。

あなたは何を実現したいのですか?

 

この質問への答えが、あなたの視座です。

 

従業員として働いている方は、以外と具体的な事しか思い浮かばない事に、びっくりすると思います。

 

では、明日は、この「視座」を明確にしつつ、引き上げていくためには、どうすればよいのか?について書きます。

 

 

 

 

増補 21世紀の国富論

増補 21世紀の国富論

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個別最適は悪意ではないが、全体最適を妨げる

今日は朝から3回もウ○コをしてしまい、自分に何が起こっているのかわからない雑談課長です。

 

今日は、昨日の予告通り、「全体最適と個別最適」についてです。

 

恐らく、個別最適ではダメだとか、全体最適の視点がないとか、皆さんは耳にしたことはおありだと思います。

 

そして、多くの中間管理職の方もそうだと思います。しかし、本当に多くの方が、全体最適と思いながらも、個別最適の追求をされています。

 

そりゃそうなんです。自分の担当する組織があり、数字も決まってたら、そりゃ個別最適になりますって。

 

メーカーで良くあるパターンが、営業部は、「特徴のある製品が無いから価格でしか勝負できない」といい、開発部は、「売り方が悪いから売れない」という。みたいな。

現場は、「人員補充が後手後手だから、現場に負担がかかる」といい、人事は「必要な人材の要件を明確にしてくれないから、採用が難しい」とか。

 

こういう明らかなもの以外にも、「営業会議に必要だから、今期の着地見込みを現時点情報に基づいて修正したものを提供してほしい」とか言ってきたりします。

 

これ、なぜ起こるかというと、全体的な視座が低いから起きるんです。何のために仕事をしているのかを見失い、手段が目的になると、部分最適になります。

ということは、そもそもの経営チームの視座が低いと、部分最適しか生まれないので、会社が小さいうちは上手くいっても、途中からうまくいかなくなります。

 

それで、馬鹿な経営者は、「創業初期は少数精鋭で成し遂げてきたのに、今のメンバーは実力がたりない。」とか、「ハングリー精神がない。」とか、「甘い」とか言い出しちゃうんですね。

 

本当に足りないのは、創業メンバーのビジョンだし、本当に無いのは、その会社の存在意義だし、甘いのはおまえ等の組織に対する考えなのにね。と思います。

 

では、どうすれば部分最適シフトを抑えられるかというと、「事業の目的」「達成ストーリー」を浸透させるしかありません。

 

経営チームが成し遂げようとしている最終目標を強く認識させるだけで、部分最適は抑えられ、全体最適の邪魔をしなくなります。

なぜなら、最終目標が明確になっているだけで、手段の目的化が少なくなるからです。

 

では、明日は、「視座ってなあに?」について、お話ししたいと思います。

 

 

 

大企業病を内部から完治させたら凄いよね

あと7分後には朝ご飯だ!はらへった!の雑談課長です。

 

昨晩、考えに考え、私がお伝えしたいことの全てを公開していく事に決めました。

社内では、様々な事情もわかっていますし、LIVEなので伝えることが出来る事でも、ブログの中では100%お伝えする事は難しいと思います。

しかしながら、少しずつでも精度を上げて行ければと思っております。

 

記念すべき第1回目は、

大企業病の症状について

です。

 

結論から先に言います。

大企業病の原因は、変化への妄想からくる恐怖と先延ばしです。

 

世間では、大企業病の様々な症状が言われておりますが、一言で言うと、せねばならない変化を避ける。という事です。

 

これは、経営トップ、経営陣、管理職、一般従業員のすべてにおいてかかりうる症状です。

 

人は基本的に安定を求める生き物だと思いますので、「一段落ついた」と思ってしまった瞬間から、本能的に変化から逃れようとします。

そして、「変化しなければならない」という事を考えさせる情報をシャットアウトしはじ

めます。

 

たとえば、自社のフィールドである業界の年成長率が7%だとします。そうすると、市場環境は追い風だな。良かった。

で片づけてしまうようになります。

 

「市場が7%伸びるのであれば、10%は伸ばして従業員の給与水準も業界平均以上に上げないと、優秀な人材の確保ができないな」と考えるのが、本来ですし、理性ではわかっていらっしゃると思います。

 

しかしながら、なかなかこのようには考えられません。経営陣がそうであれば、一般従業員はなおさらです。

 

今の時代の経営には、ビジョンと仕組みとITが必要不可欠です。

 

このビジョンがブレるのです。

創業初期にはなかった休憩が入ってしまうのです。

 

大企業病の状態に長く浸かっている会社は更に深刻です。

本来は、外部環境に合わせて原則全てを変化させるが、変えないこともある。べきですし、「変えない理由」探しが必要なのですが、そうではなく、「変えなければならない絶対的理由」がない限り拒む。というところまでいってしまいます。

 

「今上手くいってるのに、やり方を変えたら損するかもしれないじゃん。じゃあ、そもそもそんなこと考えたくないし、根拠になる情報なんて、見たくもない」

これが変化を拒む人の心の中の声なのです。

 

でも、これ、経営陣だけを批判しているんじゃないんです。中間管理職も同じです。

 

「今の待遇にも会社にも不満はないのに、転職したら(もしくは、上に噛みついたら)、環境が悪化するかもしれないじゃん。じゃあ、何も考えない」

 

こうなってしまうと、保身のための個別最適化という次の問題が生まれはじめます。

 

全体最適と個別最適。

 

次回は、これについて書いていきたいと思います。

 

 

 

 

 

嫌われる勇気が必要だよね。

上司に奢って貰うときの対応をしくじって、舐めんなと怒られた雑談課長です。

 

僕に出資してくれませんか?中間管理職向けに、コーポレートガバナンス、リスクマネジメントプロセス、コンプライアンスのレクチャーと、戦略的コミュニケーションについての教育事業をしようと思っています。

 

これがなかなか言えない。

 

信頼関係を築けている人との関係が壊れてしまうかも知れない。そう考えると、なかなか言えないです。

 

ずっとこうやって悶々として生きて行くのか?と考えると、怖い。

 

失業すれば家庭も壊れる。

 

全てを失う覚悟をしなければならないのか?

 

せめて、構想だけでも深堀りして、機会を待つしかないですね。

 

みんなどうしてるんだろう?

終戦記念日と変わらない日本

今日は終戦記念日だ。

 

あの戦争から、72年。我が国は、相変わらず若者の純粋さを利用して、年寄りが甘いシルを吸っている。 

 

かつての特攻隊員は、NOを突きつけることができなかったが、我々には出来る。

 

彼らの死を無駄にしないためにも、考えの浅い経営陣に、NOを突きつけて行かなければならない。

 

 

 

買ってよかったhtc U11

先日、駐車場で落っことしてしまい、約2年ほど前に購入したXperiaZ5背面ガラスがバッキバキに砕けてしまいました。

 

↓こういうのを装着していればよかったのですが。。。 

 

まあ、たまにカクカクするAndroidならではのイライラも溜まってきていたので、思い切って機種変更をしました。

それが、↓この機種です。

f:id:toshiyuki-ikeda-jp:20170813193218p:plain

 

使用感は、最高です!!

 

htc U11 にしてよかったこと① ヌルヌル動く

この機種は、RAM4G+ROM64Gで、CPUも、MSM8998 2.36~2.45GHz/クアッドコア+1.9GHz/クアッドコアということで、かなりストレスなく使うことができます。

 

日頃あまりゲームをしないのですが、メモリを喰うものの、美麗画像が噂のメビウスFFの高画質にしても、全く問題なく使用することができます。

 

 

htc U11 にしてよかったこと② 写真が撮りやすい

この機種では、「エッジ・センス」という機能がついていて、スマホをぎゅっと握るだけで、アプリを操作することができます。

ですので、セルフィーを撮るときも、シャッターボタンを押すのではなく、本体を”ぎゅっ”と握るだけで、シャッターを押すことができます。

 

 

htc U11 にしてよかったこと③ 充電がUSB TypeCだから、早い

この機種では、USB TypeCでの充電となります。これまでのケーブルが使えなくて、ちょっともったいないのですが、とりあえず、こういうやつを買ってみて、対応しています。 

 

一応、1本だけは、auのお姉さんのおすすめもあり、純正のケーブルを購入したのですが、USB TypeCだと、3Aでの充電が可能ということで、かなり高速で充電がされます。

 

僕自身は、あまりスマホ強者というわけではなかったので、Xperia arciphone6Xperia Z5と使用してきたのですが、会社携帯がiphone7ということもあり、プライベートではAndroidにしようと思い、htc U11を新たな相棒としたのですが、大正解でした。

 

まだ、ちょっと使い込めていないので、また気が向いた時には、使用感レポートをしてみたいと思います。

 

iphoneのヌルヌルに負けず劣らずなので、僕はもうiphoneに戻ることはないかなーと思っています!!

 

 

 

 

課長の考える取締役の仕事

最近左足がむくむようになってしまい、何の前兆なのか不安な雑談課長です。 

駅のトイレで隣のおじさんが、正露丸の匂いのするオシッコをしていて、健康って大切!と痛感しています。

 

今日は、経理主任くんと雑談しながら、あー自分ってこんなこと考えてたんだなーと気付いた事があるので、シェアします。

 

たぶん、課長最強です!

すごく感じ悪く聞こえてしまうかも知れませんが、大前提として、部門における実務総合能力は、たぶん課長が最強だと思います。

 

俺すげーだろ?っては思ってないんですよ、僕は雑談課長なんで、雑談は得意ですけど。

 

でも、たぶんどこの会社でもそうだと思うんですけど、実務を回すとき、課長って必要じゃありません?

 

いや、まれにポンコツもいますけどね。

 

で、そんな課長からしてみると、実務回すときに取締役とか、糞の役にもたたないんですね。

 

「こういうリスクがあるだろ」とか言われても、

「4ページの下段に書いてあります。見づらかったですね。申し訳ありません。もう少し大きめのポイントで記載しておきます」

とか、何回やらせんのよ。

 

人望のある取締役とは?

取締役とか、もう爺ちゃんだから、良いんですよ。仕方ない。会社法とか絶対わかんないじゃないですか。

 

経済白書とか読めないでしょうし、会計システムの仕様書とか見せても、理解出来ないですよね。でも、それは良いんです。

 

経理主任くんは、

「なんであの管理本部管掌取締役っているんですかね?四半期報告書見もせずに承認印押しましたよ。ムカつきますよ!」

と言ってきました。若いって素敵!!

 

僕は、こう答えていました。

取締役の仕事は、実務じゃない。゛場づくり゛だよ。配下のメンバーがやりがいをもって、仕事を楽しめる環境を作るのが仕事だ。部署の雰囲気は、部長や課長でも作れるけど、制度やシステムは、取締役じゃないと作れない。

 

これってどうですか?

 

 

うちの会社では、ちょっとした出産ブームが巻き起こっています。

今期から産休明けの人が2名。来週から産休1名。んで、産休明けの2名が、ちょこちょこ半休取るんですね。事情を聞くと、お子さんが、手足口病にかかっちゃったみたいなんですね。

 

仕方ないじゃないですか?

 

本人も周りに迷惑かけて申し訳ないです。とか言っちゃってるんですよね。

これっておかしいなと。

 

うちの役員連中は、だから女には大事な役職つけられないとか言っちゃうんですね。

 

いや、それでも働ける環境作れんのはお前らだろうがと。自分では出来なくても、指示は出来るだろうがと。

 

でも、やんない。ヤフーニュース見るのに忙しいみたい。

 

こういう会社、たぶん日本にいっぱいあると思う。みなさんの会社ではどうですか?

 

僕、こんなセミリタイア役員が居座ってる限り、日本企業は負け続けるんだと思います。

 

いつから何でしょうね~こんな、自分の稼ぎにしか興味のない役員だらけの世の中になっちゃったのは。

 

ま、愚痴ってる場合じゃないんで、制度作りやっちゃいますけどね。