読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Focus notes

人材サービス+監査+リスクマネジメントで、本当に大切にすべきことが分かりました!

はじめまして

下書き

私はこれまで人材系の企業2社を経て、とあるメーカーでJ-SOX構築→内部監査→IPO準備→J-SOXの再構築→経営企画という経営陣まわりで8年ほど業務をしてきました。

 

この8年間で学んだことは、

① メーカーの経営者って結構ぬるい(頭を使ってない)

② 取締役会は議論ではなく、政治力でなんでも決まる

③ こりゃ、お先真っ暗だ!

ということです。

 

今、私が勤務しているメーカーも、とんでもないミラクルが起きない限り、

いずれはどこかに飲み込まれてしまうでしょう。

 

なんでこんなことになったんだろう?と振り返ってみると、

経営陣はIPOを言い出す前は、わりと機能していたように思えるんです。

でも、IPOの準備がはじまった途端に、主幹事証券会社や監査法人

IPOコンサルやJ-SOXコンサル。あと、なんちゃって内部監査に

あれこれ言われ、何が正しいのかよく分からなくなって、思考停止したように思います。

 

J-SOXって、そもそも何をすればいいの?

内部監査って、どこまでやるべき?

専門家に聞いたら、100%難しく返答してきます。

だって、シンプルだと自分の価値が低くなっちゃう不安があるから。

 

ネットでいろいろ検索してみても、「ようするに」とか「最低でも」とか

ほんと見つからない分野だと思います。

 

ですので、こんなもんだよJ-SOXとか、内部監査スタッフを雇い入れるとき注意すべき3つのポイントとか、発信していければと思い、ブログを始めることにしました。

あと、40を超えて気づいたことも多くあるので、小ネタ的にシェアしていければと思います。

 

今後ともよろしくお願いします。