読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Focus notes

人材サービス+監査+リスクマネジメントで、本当に大切にすべきことが分かりました!

書いたことが必ず実現できる魔法のノートの育て方(2)

さてさて、初めての連載記事です(笑)

 

昨日は、前置きばっかり長くなりましたが、今日は、人生の目標を実現する旅に出る準備の調え方について、具体的に書いていきたいと思います。

 

 

恥ずかしいとか、怖いとかに負けないためには、何が必要だと思いますか?

それは、「自信」です。

 

あれ?期待外れ?

でも、実は自信がないっていう人、意外と多いんです。

 

自信があるって公言している人でも、本当は自信がないっていう人もいるんですが、、

実はその人の行動から、本当に自信がある人なのか?というのは読み取れるんです。

 

自信って、自分を信じるって書きますよね?

だから、今の自分の能力とかスキルとか、そういうものが他人と比べて優れていると思うことが自信だと思っちゃうじゃないですか?

 

でも、これって、全然自信でもなんでもないんですね。

だって、他人と比較した自分を信じてるんです。

〇〇さんより、数字が取れる。とか、

〇〇さんより、理解している。

〇〇さんより、スタイルがいい。

〇〇さんより、モテる・・・

 

では、この比較対象としている”〇〇さん”を変えるとどうなりますか?

〇〇さんよりスポーツができる。と思っていても、〇〇さんが、イチローさんだったら?

〇〇さんより歌が上手い。の〇〇さんが、玉置浩二さんだったら?

勝てます?

 

言葉を悪くいってしまえば、これって、自信の証でも何でもなく、自分より他人が劣っているところを探して、それよりはマシと自分を慰めていること。なんです。

自慰行為です。

では、自慰行為がむちゃくちゃ上手ければ、人生の目標を達成させる準備が整うと思いますか?

整うわけないじゃん(笑)

 

では、本当の自信の正体は何かというと、自分でやると決めたことを、やりきることができること。つまり、〇時間後の自分を信じることができることなんです。

 

自信がある人は、自分で決めたことを、必ずやり遂げます。

自信がない人は、自分で決めたことを、しばしば忘れたり、自分に言い訳したり、諦めたりしちゃうんです。

今、決めたことを、〇時間後の自分はやってくれないことがあるんです。

そんな人、信じれます?

人間って不思議なもので、未来の自分をスーパーヒーローだと思ってしまうんです。

なんでもできちゃう。

20時間労働とか、余裕でできちゃう。

日中と同じ集中力で深夜まで仕事できちゃう。

英語も必要になったら、話せちゃう。

そんな気がするんです。

 

だけど、実際は違いますよね?

明日の自分は、今の自分と同じくらい、スマホでゲームしちゃうし、ちょっと食べすぎちゃうし、ついついタバコ吸っちゃうし、飲みに行っちゃうんです。

そして、自分との約束をなかったことにしちゃうんです。

気分が乗らなかった。とか言って。

 

ですので、人生の目標を達成する旅の準備は、今の自分が決めたことを、〇時間後の自分がちゃんとやり遂げてくれる。という確信を持てたときに完了するんです。

 

でも、これもなかなか大変なんです。

なので、はじめは、100%実現可能なことだけ約束するようにするんです。

3食食べる。とか、歯磨きする。とか。これがコツです。

まあ、できるだけ人生の目標の達成に役立つことにした方がいいですけどね。

 

例えば、「毎日ブログを書く。」なんて約束は、ハードルが高いので、だめです。

だって、やらなかった日があったら、一気に自分への信頼度が下がっちゃいますもん。

なので、2分我慢すればやれるようなことを設定するのがうまくいくコツです。

 

ちなみに、最近の僕は、ブログを毎日書くために、毎日パソコンを立ち上げる。を実行しています。

 

このちょっとした約束を守る期間をまずは2週間ほどやってみてください。

できない日があったからと言って、悲観することはありません。

それはそれとして、トレーニング期間だと思って、多めに見てOKです。

 

魔法のノートは、ここからスタートします。

 

 

続く