読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Focus notes

人材サービス+監査+リスクマネジメントで、本当に大切にすべきことが分かりました!

ゆっくりと話す効果

今日は次女の入学式のため、有給休暇を取ったものの、式は午後スタートだったので、午前中久々に落ち着いて話をしました。

 

最近、次女は話すスピードがすごくゆっくりになったので、何故なのかきいてみると、素晴らしい理由が3つあったので、共有します。あいつ、すげ~。

 

1.早口は怒ったように聞こえる。怒ってなくても。

元々、うちの家系は、マシンガントークの家系です。とにかく大きな声で、矢継ぎ早に話をします。

それだけでも、人によっては、イライラして話してると受け取ることも有り得るので、ゆっくり話すように意識しているそう。

 

2.誰かと話すとき、発した言葉数は多くなくていい

たくさんしゃべろうとも、言葉数が少なかろうとも、伝わる量はそんなに変わらない。ならば、100言って10よりも、10で10伝わるようになった方が良くない?

たくさん発しても、疲れる割には相手に届かない。だって相手が受け取れるか考える余裕ないでしょ?

説教されてる気分です。

 

3.ゆっくり返事すると、相手を落ち着かせる事ができる

一番のメリットはこれみたいです。

 

勉強になりますね。